top of page

今年の連休

新型コロナウイルスによる自粛を余儀なくされた今年のGW、どこにも出かけず家族で毎日庭に出て今までやりたくてもできなかった事を淡々と、黙々と行いました。

何年もどうしようか迷っていたツツジに思い切ってサヨナラをして人が集まれる芝生にする事に。こちらの都合で切られてしまったツツジ達に申し訳ない気持ちもあり、娘が小さな枝を挿木しました。うまく根付くかな。

雑草だらけで硬くなっている地面を掘り起こし、草を取り、敷き詰められていた瓦礫や石ころを一つ一つ取り除き、砂を混ぜ肥料を混ぜ、芝生を敷いて目土を撒く。

一言で言えばとても簡単に言い終わってしまうけれど、三日仕事。

夏になったら青々とした芝生に座ってビールが飲めたら幸せだなぁ〜。


その後は木々が植っているもう一方の庭の草むしり。こちらも二日仕事でまだ終わらず、なんと果てしなく続くのだろう。。。とずっと思いながらひたすらに作業。制作の事も勉強の事も今は傍に置いて。

それにしても民生先生の歌声は庭仕事にぴったりで、「ああ、やっぱり好きだなぁ〜」とつくづく思うのでした。





閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、福井県の鯖江にある漆屋さんへお邪魔してきました。 漆屋さんというのは「漆を売る人」です。 私たちのように漆を塗る人間がいるという事は、漆の木を育てそこから樹液を採取する人がいて、それを精製して販売してくれる人がいるという事なのですが、それがなかなかに深い世界で、普段は殆ど表舞台には現れない本当に縁の下で日々私達を支えてくれる、なくてはならない大事な存在なのです。 漆は化学。と漆を触る人は言い

中秋の名月、今年は9月10日。 あの日あの夜あの時間、沢山の人達が空を眺めていたことでしょう。 我が家では少しずつ巣立ちの練習をしている子供達が1週間ぶりに帰ってきて、揃って天体観測することができました。 小さな頃からよく夜空を眺めていた子供達。 今はすっかり大きくなって、空を眺めるというよりスマホの画面にどれだけ美しい月を納めることができるかに情熱を燃やしていました(-。-; 我が家の子育てが始

bottom of page