美しい手業

先日、学生時代からお世話になっている木地師さんを訪ねて山中へ出かけてきました。図面に引いた私の描いた線を形にしてくれるとても大切な方です。

工房はいつも挽いた木屑の山。伺った日はちょうど快晴で、陽の光にその木屑が柔らかく暖かく照らされ、とて優しい気持ちになれたのでした。

私達塗師はこうして木地を作ってもらい、そこに漆を塗っていきます。

木地師さんはその場合、縁の下の力持ち。

殆ど表に出る事はありませんが、轆轤を挽く様子はなんとも美しく、手業の魅力にうっとりします。

近頃では樹脂素材のものが巷に広く出回っている現状ですが、人間の手が紡ぎ出す可能性とそこから生まれるものの美しさをこの先もずっと見ていたいと思うと同時に私自身ももっともっと、と思うのでした。


85回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示