展覧会のお知らせ


確か7年前だったと思いますが、あるグループ展に出展しました。 その同じ展示メンバーにに主人の高校時代の同級生が一人。 高校卒業以来の再会でした。私にとってそれが小原好喬さんとの出会いでした。その後交流も度々あり、昨年縁あって同じ南砺市に住み漆の仕事をする仲間とし て城端曳山修復事業のメンバーにとのお誘いを頂きました。そして同じく南砺に住む漆芸家の村田佳彦さんと共に毎日城端に通い、小原さんの指導のもと昔から 大切に守られてきた地域の宝である城端曳山の修復をお手伝いさせていただきました。村田さんの奥様である森つくしさんも一年間の長い修復作業の記録係とし てこの事業に参加し、「チーム治五右衛門」が結成されました。こうして書くとなんだかよそよそしいのですが、皆歳も近く制作に対する思いなども共感しあう こともあり、常に和気藹々。先人の知恵や技術を目の前に、一つの目標に向けて共に時間を過ごしました。

今回、小原さんと主人の母校である高岡工芸高校の恩師、六家先生から二人の母校である「高岡工芸高校 青井記念館」での展示のお話を頂きました。小さな頃 から「作る」事が好きだった5人が、それぞれ全く違う場所で過ごし、同じ学び舎で出会い、同じ時を過ごし、一旦それぞれの道を進んだ。偶然にも同じ地域に 集まった5人が、「作る」というかたちを通して再び繋がった。本当に縁は異なもの、です。 そんな経緯で実現することになった今回の展示はまさに十人十色。 5人とも見事に異なった作品を作っています。私も拙いものではありますが、数点出品させて頂いております。年末年始の何かと気忙しい時期ではございますが、よろしければご高覧ください。

https://www.facebook.com/events/1439488909607236/?ref_newsfeed_story_type=regular


29回の閲覧

最新記事

すべて表示

大切に気づくとき。

この度の外出自粛要請により、自宅でお茶を飲む=急須でお茶を入れて飲む人が増えたそうです、という話を聞きました。 現代人がペットボトルのお茶を飲むのはずっと忙しかったからなんだな、という話。 我が家は元々夫婦揃って自宅での仕事なので、仕事の環境にそれほど変化は感じませんが、それでも家族と過ごす時間は多くなりました。子供達の勉強も遅れるし、今後の仕事がどうなっていくのかという不安もないわけではないけれ

Copyright (C) Komei Tanaka All Rights Reserved,