top of page

昨日から始まりました。


 先日お知らせしました「南砺の5人 継承と挑戦」というグループ展が昨日からスタートしました。

冷たい雨の降る火曜日でしたが、開館からお出かけくださった方もおられました。 初日の昨日は出展者全員が出席して会場となっている高岡工芸高校の生徒さん達に向けた

作品紹介などありました。

普段机に向かって黙々と作業をする私にとっては60人の生徒さん達を前にお話するというのは

滅多にないことで、本当に緊張しました~;;;

もう何を話したかも憶えていないほどでした^^;;

高校2,3年生といえば、卒業後の進路についていろいろと思い悩む時期ですが、小高い丘の上から

広々とした景色を眺めるようなのびのびとした気持ちで、この先の道を選んで行って欲しいなぁ、

と私は思います。

だって先の事なんて誰にも分からないし、どの方向に転がったとしても必ず転がった方向にどんどんと

枝が出てくるのですから。

これから寒くなって、受験生には一層重苦しい毎日が続きますが、身体に気をつけて自分の出せる力

全てでこの先の道を選び進んでいって欲しいものです。


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、福井県の鯖江にある漆屋さんへお邪魔してきました。 漆屋さんというのは「漆を売る人」です。 私たちのように漆を塗る人間がいるという事は、漆の木を育てそこから樹液を採取する人がいて、それを精製して販売してくれる人がいるという事なのですが、それがなかなかに深い世界で、普段は殆ど表舞台には現れない本当に縁の下で日々私達を支えてくれる、なくてはならない大事な存在なのです。 漆は化学。と漆を触る人は言い

中秋の名月、今年は9月10日。 あの日あの夜あの時間、沢山の人達が空を眺めていたことでしょう。 我が家では少しずつ巣立ちの練習をしている子供達が1週間ぶりに帰ってきて、揃って天体観測することができました。 小さな頃からよく夜空を眺めていた子供達。 今はすっかり大きくなって、空を眺めるというよりスマホの画面にどれだけ美しい月を納めることができるかに情熱を燃やしていました(-。-; 我が家の子育てが始

bottom of page