top of page

「素材の息吹」黒部市美術館


富山県の黒部市美術館での展覧会に、田中孝明が参加いたします。

お近くにお越しの際はぜひご覧ください:D

各作家によるワークショップもあります!

ーーーーーーーーーー 素材の息吹-発展する工芸のかたち- 本展では、富山県内で制作活動をしているガラス・金属造形・木彫刻・漆作家5名の多様な造形表現を紹介いたします。 出品作家:岸本耕平(ガラス)、釋永維(金属造形)、田中孝明(木彫刻)、村田佳彦(漆)、横山翔平(ガラス) 【会期】2017年4月22日(土)~7月2日(日) 【観覧料】一般500円、高校・大学生400円、中学生以下無料  【休館日】月曜日 【開館時間】午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで) 【主催】黒部市美術館  【共催】北日本新聞社 【後援】井波彫刻協同組合、富山ガラス作家協会、 北日本放送、富山テレビ放送、チューリップテレビ、みらーれTV、新川コミュニティ放送 □オープニングセレモニー  4月22日(土)13:00~ 作家による作品解説&ヤマダベン(パーカッション)と伊藤拓次(ダンス)による「素材/作家提供による木・ガラス・金属」を使ったパフォーマンスを行います。 *展覧会観覧券でどなたでもご参加できます。是非お越しくださいませ 




閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、福井県の鯖江にある漆屋さんへお邪魔してきました。 漆屋さんというのは「漆を売る人」です。 私たちのように漆を塗る人間がいるという事は、漆の木を育てそこから樹液を採取する人がいて、それを精製して販売してくれる人がいるという事なのですが、それがなかなかに深い世界で、普段は殆ど表舞台には現れない本当に縁の下で日々私達を支えてくれる、なくてはならない大事な存在なのです。 漆は化学。と漆を触る人は言い

中秋の名月、今年は9月10日。 あの日あの夜あの時間、沢山の人達が空を眺めていたことでしょう。 我が家では少しずつ巣立ちの練習をしている子供達が1週間ぶりに帰ってきて、揃って天体観測することができました。 小さな頃からよく夜空を眺めていた子供達。 今はすっかり大きくなって、空を眺めるというよりスマホの画面にどれだけ美しい月を納めることができるかに情熱を燃やしていました(-。-; 我が家の子育てが始

bottom of page